お盆も終わりようやく暑さから解放される日も近づき始めました。これから秋に向けてMK塗装工房ではより一層忙しい時期の到来です。

外壁塗装で難しい色選びそんな中でも今回は外壁のツートンカラーについて紹介します。

ツートンは濃淡で極める!(草加市、M様邸)

ツートンカラーの王道は下段の色を濃くそして、上段の色は淡い色で塗装。これが、メリハリのあるツートン塗装だと思います。

DSC_3572

施工前は同系色で少しぼやけた印象

DSC_38771

施工後は下段を濃くメリハリが出来ました。

 

気になる塗料と色は?

外壁 :クリーンマイルドシリコン(エスケー化研)

カラー:下段G15-30D 上段G19-90C (日本塗料工業会・ポケット版)

王道ツートン(さいたま市、I様邸)

こちらは、全体的にイエロー系の同系色で濃さもあまり変わりませんが、帯と破風板にこげ茶のさし色を入れることによって全体が引きしまりました。

DSC_3628

施工前はよくある無機質な外観

DSC_4314

施工前からガラッと変わって暖かみがあります。


気になる塗料と色は?

外壁: エスケープレミアムシリコン(エスケー化研)

カラー: 下段G19-60F 上段G19-70C(日本塗料工業会・ポケット版)

 

これまでのご紹介してきたツートンカラーは帯(幕板)があったが、無い住宅はツートンに出来ないのか?

心配ご無用だ!下屋根などが出ていれば線を見切る事が出来るので下記写真のように帯が無くてもツートンカラーは出来る!

凸凹を生かしたツートンで差を付けろ(さいたま市、I様邸)

今までは上下に分けるツートンを紹介してみたが、縦のツートンも建物のデザインを上手く活かせば外壁塗装で差が出ますよ。

DSC_2723

グレー系も年数が経つと汚れも目立ってきました。

DSC_2855

少し青みがかってオフホワイトが映える上級テクニック

 

MK塗装工房はツートンカラーも追加無し!

『ツートンだから追加がかかるでしょう?』

いいえ。ツートンでも同額施工です。

MK塗装工房では、上記施工例でも通常のパック料金で施工しています。外壁塗装でお悩みの方是非一度ご相談下さい。