ケレンとは

主に鉄部(トタン・屋根・鉄階段)などの汚れや塗装をする前に錆びを落したり、錆びていなくても塗料の密着を良くするため傷をつけることを言います。

金属面のケレン 専用のケレン用具(マジックロンやヤスリなど)や電動工具を使い錆を落とします。

毎月公開している外壁塗装の出来栄え(Before,After)をぜひご覧ください。

鉄部のケレン

特に鉄部を塗装する場合は、ケレン作業はとても重要となります。

ケレンを充分にせずに錆び止め塗料や鉄部用塗料を塗布しても耐久性はあまり期待できません。それどころか、ケレン作業が不十分だとキレイに仕上らないだけでなく、塗装して数ヶ月もたたないうちに錆びが発生したり、 塗料が剥げてきたりしてしまいます。

MK塗装工房では、高圧洗浄やケレンを含めた下地作業をしっかり行ないます。

ケレンの種類(レベル)

ケレンも落とし具合によって名称が変わります。1種ケレンから4種ケレンまであります。

1種ケレンは、最も大変ですがピカピカになります。しかし作業費用を多く掛けて1種ケレンをすることは現在の建築工事ではほとんどないと思います。(※酸洗浄などで外では危ないです。)
通常は、4種ケレンもしくは3種ケレンまでが現実的なレベル(作業)だと思います。

1種ケレン(ブラスト法または酸洗浄)

腐食が非常に激しい場合に用いられますが建築現場ではほぼほこなわれません。もちろんケレンをするより交換をした方が費用が安いです。

除去の方法ブラスト法または酸洗浄により、さびや異物等を除去します。

2種ケレン(電動工具による錆の除去)

塗膜が劣化し、全体的に腐食が進んだ錆を落とす。

ここまでくると費用(手間)が多くかかるので住宅の塗装ではあまり行いません。
全体的に錆がまわっている場合(進行している場合)は、板金屋などによる交換のほうが費用が安くすむ場合が多いです。

除去の方法ディスクサンダーや電動ブラシを使って錆を除去します。

3種ケレン(手工具による錆の除去)

部分的にさびが見られる錆を落とす。

除去の方法スクレパー、やすり等の手工具を使い浮いたさびなどを除去、劣化していない塗膜は残します。

4種ケレン

あまりさびがなく、表面を洗浄するレベル。

除去の方法は、ほうきや雑巾などで洗浄清掃する。

近年ではレーザーによる効果的なさび落としがある

まだ工業向けのレベルだがレーザーによって錆を効果的におとす機械があるようです。聞いた話によるとお値段約500万!

いつか町の塗装屋さんでも一般的に使う日がくるのか楽しみです。

塗装実績編

実績公開数と写真公開数

外壁塗装特集(デザイン97選)

無料のご説明/お見積り
工事範囲とMKの実績
上へ