モルタル外壁とは

モルタルは砂とセメントを水で練ったもので、コンクリートとの違いは砂利や砕石が入っていない壁のこと。ほぼすべてのモルタル壁はその上から模様(リシンスタッコボンタイルジョリパットなど)がつけられ、品質を維持するための塗装が施されています。
外壁塗装工事はその塗料を塗り替えます。
モルタル壁の塗装前 モルタル壁の塗装後


モルタル壁の外壁塗装(メンテナンス方法)

モルタルの壁は、ひび割れ(クラック)が生じてきます。目視しにくいヘアークラックもあります。放っておくと水分が壁の内側に入り込み、壁の中を腐らせてしまいます。下塗り材としてはフィラーが最も適しています。
塗料による保護膜で大切な住居を守りましょう。塗料の種類によって、耐久年数が変わってきますが、一般的に再塗装の目安は10年程度とされています。


モルタル壁の簡単な見分け方

基本的には、壁に「つなぎ目」がないというのが特徴です。
比較的昔からある仕上げ方法なので、最も数多くみる外壁素材です。
縦につなぎ目があるのは、サイディング壁(パネルを貼り付けるイメージ)の特徴です。