スレート屋根とは

現在最も普及している薄型の屋根材です。総称は、スレート屋根です。

セメントを板状にしたものに、工場で塗装を施したものです。
スレート屋根は、10〜15年程度で写真のようになります。塗装前に高圧洗浄でしっかりコケを落とすのが重要です。
高圧洗浄屋根高圧洗浄屋根


スレート?コロニアル?カラーベスト?
製造メーカーによって呼び方が変わる

製造メーカーによって「カラーベスト」「コロニアル」などという商品名で呼ばれることもあります。
どちらもメーカーの商品名なので総称はスレート屋根となります。

屋根塗料の耐久年数が控えめな理由

一般的に直射日光や風雨にさらされるため外壁よりも屋根は2倍の速度で劣化が進むといわれています。 MK塗装工房では、外壁・屋根ともにシリコン系塗料で10年おきに塗り替えましょうとお勧めするのですが、もし予算に余裕があれば壁:シリコンで屋根:フッ素などと組み合わせましょう。

屋根塗料選びのテクニック

屋根は、条件が悪いため最も劣化が早い箇所です。
例えば壁と屋根を同じグレードのシリコン系塗料を塗ったとしても確実に壁より早く劣化します。 もしシリコンより耐久性の良いフッ素系塗料にグレードをあげるとすれば壁ではなく屋根なのです。屋根には遮熱成分が付加されたお勧めの遮熱塗料もあります。
屋根の高圧洗浄後 屋根塗装後


良心的な塗装屋さんは必ずアドバイスします。
「屋根塗装は外壁と一緒に!」別々だと足場代が2回

意外と高いのは足場費用です。
外壁を塗装するとき、屋根も一緒に塗装して無駄な足場費用をかけないようにしましょう。

外壁と屋根を別々で塗装すると、各々足場が必要なので足場代が2回分かかるようになります。
しかし一緒に塗装すると同じ足場を利用できるので1回分の足場費用となります。

2000年以前のスレート屋根は危険?

2000年以前に製造されたものスレート屋根は、ほぼアスベストが混入されているといわれています。
塗膜によって封じ込められているのであまり問題はありませんが、雨漏りがある場合、屋根が劣化している状態で長期間放置した場合などはガルバリウム張りのリフォーム工事も有効です。