塗料はシリコン・ウレタンなどというグレードに分けられ、さらに水性と油性の2種類があります。

一般的な呼び方としては、水性シリコン塗料や油性ウレタン塗料といいます。

簡単に何が違うかといいますと、大きな違いは主成分が、油性(シンナー)か水性(水)かと言うことです。

油性が良いは古い考え?今は全国的には水性塗料が主流

ikura1一昔前までは、油性が高性能といわれていましたが・・・

今現在は水性塗料の性能も向上して油性より劣るようなことはありません。環境面や臭気の問題・安全性の問題で、全国的にも水性塗料を使用しての外壁塗装が主流となっています。

今後は更に水性塗料へのシフトが進むといわれています。

MK塗装工房では、水性も油性も同価格です。

下地にあわせた最も適切な塗料を提案いたします。そして水性・油性ともに同額なので余計な心配がありません。

クリーンマイルドシリコンと水性セラミシリコンの特徴

水性と油性、ともに同額です。

でも屋根には油性の下塗り塗料をオススメ

屋根専用の水性塗料も数多くありますが・・・しかし屋根は10年くらいたつとこんな風にパサパサになり弱くなってきます。そこでオススメしたいのがエポキシ系の油性の下塗り材です。

yane3

MK塗装では標準で、このようなエポキシ系の下塗り材を使用しております。特徴としては、

浸透・固着性が高く、下地の補強効果に優れています。

専門的に言うとクサビ効果が高いもしくは含浸する塗料なんて言い方をします。

ちょっと難しいですが、簡単にいうと屋根に染みこんでカチッと補強する効果があるということです。

もちろん屋根の上塗りも油性をオススメ

MK塗装では、上記の油性2液シリコン塗料を標準採用しております。

つまり外壁は水性塗料、屋根は油性塗料がベスト

もちろん例外は存在しますが、外壁は水性塗料、屋根は2液の油性塗料を選択するのが現時点でのベストな選択です。

もちろん塗料のグレード(種類)については、ともにシリコン塗料以上をお勧めいたします。

  • アクリル×
  • ウレタン×
  • シリコン○
  • ラジカル○
  • フッソ○

塗料の種類(グレード)についてはこちら

水性・油性おのおのの特徴は?

 水性塗料油性塗料
塗料のベースシンナー
特徴

  • 主流塗料

  • 最新技術を駆使

  • 環境に優しい

  • ヒビに強い弾性フィラーと相性抜群


  • 密着良

  • 昔からある定番

  • 透湿

違い

  • 希釈が水

  • 屋根には向かない

  • ほぼ1液の塗料

  • 1液なので扱いやすい


  • 希釈がシンナー

  • 屋根に向く

  • 2液もしくは1液塗料

  • 2液タイプは扱いにくい

水性・油性塗料についてよくいただくご質問

価格は同じようですが、水性塗料(水性セラミシリコン)と油性塗料(クリーンマイルドシリコン)のどちらが良いのですか?
国内シェアNo.1のエスケー化研(株)製のセラミック配合のシリコン系塗料なので同グレードの同耐久性の塗料です。
油性塗料のほうが良いと聞いたよ?
油性が良いという考えはあくはで昔の話です。
現在の塗料は差がありませんが、事実一昔前までは油性塗料の方が長持ちでした。
艶消しにしたいんだけど?
MKでは、艶の調整を無料にて行っております。
  • 艶あり
  • 7分艶
  • 5分艶
  • 3分艶
  • 艶けし