本塗装とは

最終的な塗装のことです。
現在の塗料のメーカー仕様は、外壁面、屋根面ともに計3回塗りが一般的です。(下塗り含む)
(内訳 : 下塗り → 中塗り:本塗装1回目 → 上塗り:本塗装2回目)
上塗り 中塗り


5回塗り?回数や量を多く塗ればいい塗装?

塗装の量や回数などは、増やしても良い塗装とは言えません。2倍の量で2倍長持ちなどという業者もありますが、実際はローラーや刷毛では、1回で塗れる量は限られますし、塗料ごとに期待対応年数という数値が発表されています。
もちろん規定量以上に厚塗りしても、デメリットが多く良い塗装とはいえません。 同じ塗料であれば、所定回数より多く塗っても期待対応年数はあがりません。
MK塗装工房ではメーカーの推奨の塗り方(塗装方法)で基本に忠実に塗り替えを行っています。