養生(ようじょう)とは

塗装しない場所にキズや汚れがつかないようシートで覆ったり、ビニールやテープなどをはりつけることを養生といいます。後で塗装する部分なども覆う場合があります。
別名マスキングとも言います。


養生を大切にする職人はプロです。

養生の作業は基本ですが、しっかり行なわないと後で(塗装時)大変な思いするうえに綺麗に仕上がりません。塗らずとも養生で職人のレベルが判断できます。
塗装という作業をする前には、養生は最も重要なプロセスの1つです。プロと素人の大きな違いは、この養生を重要な要素としてとらえているかどうかにあります。


ビニール・シート養生と玄関ドアの養生

ビニール養生・シート養生 ビニール・シート養生の違いは、養生という意味では共に変わりませんが、一般的に右記写真のように窓周りに行う養生をビニール養生といい、足場の周りにかけるシートをシート養生といいます。
玄関ドアの養生 たまにお客様から「玄関は出入りできますか?」と聞かれるのですが、もちろん玄関ドアも左記写真のように養生しますが職人技でしっかり出入りできるように養生いたします。