塗料の種類(グレード) 最新塗料まるわかり
各グレード別に最新の代表的塗料を掲載いたしました。よほどのこだわりがない限りは、国内トップ3社から選びましょう!日本のトップ3社の塗料が他より劣ることはありません。
大手外壁塗料メーカー(人気ランキング)


アクリル系塗料  耐久年数:6〜8年

ニュートップレスクリーン 約20年前に発売された塗料です。
モルタルのひび割れに対応する当時は画期的な商品でしたが、汚れやすく耐久性がよくないという欠点がありました。
※とにかく少しでも安くという方にお勧めですが、現在はあまり使用されません。
※セラミクリーンなどの『単層弾性塗料』はアクリル程度のグレードです。


ウレタン系塗料  耐久年数:7〜10年

汚れやすいという欠点の解消を目的に15年ほど前に開発されました。
柔らかい性質があり、万能の塗料なので細部の塗装には最も適しています。
しかし上位(シリコン塗料)の価格が下がってきたことにより外壁にウレタンを選ぶメリットがあまりなくなりました。
※昔ながらの塗装業者は、現在もこのウレタン塗料を主に使用しています。


シリコン系塗料  耐久年数:12〜15年

クリーンマイルドシリコン 水性セラミシリコン シリコンを含有し汚れにくさと耐久性を両立させた塗料です。
MK塗装工房が主に使用しているのは、シリコン系塗料の中でもセラミックを含有した塗料で、耐久性・汚れにくさも格段にアップした塗料です。

最近新築で「白い家」を見かけませんか?この塗料の汚れにくさのおかげで従来できなかった「真っ白」などの色やアクセントなどの彩度のはっきりした色を積極的使用できるようになりました。
※現在(2014年)では、価格も落ち着きコストパフォーマンスに優れた最も人気の塗料です。

 塗料の詳細(PDFファイル)はこちら エスケー化研(株)
 同じシリコンパックでも3種類も塗料があるのはなぜ?


フッソ系塗料  耐久年数:15〜20年

フッソ塗料は、まだまだ一般住宅にオーバークオリティの感があります。
もちろん耐久性は良いので、もしご予算に余裕がある場合は一考の価値はあると思います。
最近では東京スカイツリーの鉄骨の塗装に使われています。
※「まだ性能の割りに価格が高く」一般住宅にはあまり使用されません。

フッソ塗料は、長持ちする塗料ですが性能面ではシリコン塗料などと同じです。
※フッ素でお考えの方は、特に外壁よりも屋根を超高耐久のフッ素がお勧めです。
外壁よりも屋根にフッソを進める理由はこちら

参考(大手塗料メーカーHP)

上記3社で国内90%のシェアです。これ以外の塗料メーカーの塗料を見積り(オススメ)された場合は、どのようなものかよく聞いてからの判断が必要です。
現在主流の塗料を上の表に明記しましたので比較検討にお使いください。




。
お問い合わせ電話番号0120844152 WEBお問い合わせ
  • わかりやすい価格表
  • 塗料の種類グレード
  • 失敗しない色選び
  • よくある質問(価格・塗料編)
  • 外壁塗装が初めての方MKの特徴
  • ポイント1・90%がシリコン
  • ポイント2・変わらない価格
  • ポイント3・必要なものはコミ
  • ポイント4・NO.1塗料を使用
  • ポイント5・プロが説明
  • ホームページからのお問い合わせ・お見積り
  • お電話からのお問い合わせ・お見積り
  • 専門店の外壁塗装・屋根塗装 埼玉と東京で実績No.1
  • 施工範囲は埼玉県坂戸市と東京都八王子市を中心とした関東近県
Copyright(C) 2006 MK painting studio CO.,Ltd. All rights Reserved.